USPTOは割引特許料を支払うマイクロエンティティステータスを実装するための規則案を公開

ブライアン·フレッチャーによる2012年5月31日上の

独立した発明者を支援するために設計された動きで、米国特許商標庁(USPTO)は米国発明法(AIA)のマイクロ実体規定を実施するために特許訴訟での練習の規則を改正することを提案している。 申請者は、マイクロエンティティとして適格であれば、申請者はUSPTOがAIAの下での料金設定権限を行使した後減少し、特許料を支払うサービス対象商品です。 AIAにおける料金設定の提供は、検索調べる発行、魅力的、および特許出願および特許を保持し、設定したり、ファイリングのために調整費の75%にマイクロエンティティの割引を設定します。

具体的には、Officeがマイクロエンティティのステータスを主張する、マイクロエンティティとして特許料を支払うことを申請者のための手続きを設定するために練習の規則への変更を提案している。 USPTOは、同様にマイクロエンティティの状態が失われたオフィスを通知する申請者のための手続きを設定し、誤ってマイクロエンティティ量で支払わ特許料の支払いを修正するための練習の規則への変更を提案している。 USPTOは2012年5月30日に官報の規則にこれらの変更案を発表した。

提案された規則の下でマイクロエンティティのステータスを確立するために、出願人は、出願ことを証明する必要があります。

  • (a)は、USC 41 35の下つ以上の他の国で出願されたアプリケーション以外の以前に出願された特許出願、特許法第111条(b)の下での仮出願、または基本国内手数料のための国際出願について発明者として名前が挙がっていない支払われなかった(申請者は申請者が割り当てられている場合は、提案規則の目的のために先の出願で指定していると考え、または、結果として、アプリケーション内のすべての所有権を割り当てるには、契約や法律によって義務がされていません)申請者の以前の雇用;
  • セクション61で定義されるように、適用される手数料が支払わされているに暦年の前暦年中に、しなかった総収入が、1986年の内国歳入法(26 USC 61(a)参照)、超過(a)のその前の暦年のための三回平均家計所得、最も最近に国勢調査局によって報告された。 そして
  • 、暦年暦年先行する、エンティティへの懸念アプリケーション内のライセンスまたはその他の所有権を、助成金を割り当てるか、伝えるために、割り当てられた許可され、または搬送され、契約又は法律によって義務はありませんしていません該当する手数料が納付されている中で、最も新しく局が報告したように、その前の暦年のための三回平均家計所得を超え、(a)は内国歳入法1986のセクション61で定義されるように、総収入があった国勢調査の。

AIAのマイクロ実体規定を実施するための提案された規則の官報での公表は60日間のパブリックコメント期間を開始します。 この間、公衆は、提案規則に関する書面入力を提供することができる。 マイクロ実体規定を実施するための規則案についての詳しい情報は、利用可能な連邦官報告示に見つけることができる ここに

comment } {1}のコメント

特許訴訟 2:50で2012年6月8日

AIAのマイクロ実体規定のためによかった。 それらがなければ、いわゆる「 特許改革 」法案は、大企業や他の金持ちのIP所有者に景品より少しに達する可能性があります。

前の投稿:

次の投稿: